“これからバルクアップしよう!”

と思っても、慣れない食事管理やサプリメントの準備に手間取ってしまうなんてことはありませんか?

私は根が面倒くさがりで少し几帳面なところがあるので、サプリはすぐ手の届くところにあって欲しいし、料理本に塩 “少々” なんて書いていて欲しくありません。

本記事では、そんな周りから見ても面倒な人間である私が発見した

“バルクアップに欠かせない便利グッズ”

について紹介していきたいと思います。

実際に使ってみるとビックリするほど楽になるので騙されたと思って試してみてください!

本記事では以下のようなものを紹介します。

  • スケール(量り)
  • プロテインシェイカー
  • 米びつ
  • タッパー
  • ジップロック
  • Excel(表計算ソフト)

具体的な増量・バルクアップについては過去の記事で私の経験談も踏まえてまとめています。よろしければそちらもどうぞ!

スポンサーリンク

【これを使いこなせ!】バルクアップを楽にする便利グッズ5選+1

食事管理は習慣になるまで継続することがとても難しいです。

もしもあなたが、“大変かもしれないけど増量・バルクアップに挑戦してみたい!” と思うのであれば、なるべく快適で続けやすい環境を自分で準備してあげることが大切だと思います。

今回は、実際に私がいまでも使用しており、バルクアップ期間だけでなく普段のトレーニング・生活も楽になっていると感じるものを紹介していきたいと思います。

持ってないよ!という方は是非用意してバルクアップに挑んでください!

どんなに効果があるサプリメントでも続けなければ意味がありませんよ!

以下がバルクアップを楽にする便利グッズ5選+1です!

  • スケール(量り)
  • プロテインシェイカー
  • 米びつ
  • タッパー
  • ジップロック
  • 番外編:Excel(表計算ソフト)

バルクアップを楽にする便利グッズその1. スケール(量り)

スケール(量り)は食事管理では必須と言っても良いものです。

スケール無しで計画的なバルクアップは出来ません!

過去記事の「絶対に成功する増量方法その1.」という項でも触れた、“食品のリストアップや1日・1回で摂りたい分の記録” でもスケールは大活躍します。

もちろん大量買いした食品を小分けする際にも使えますし、調味料を細かく計量することも出来ます。

とにかくスケールは食事管理をするのにとっても便利です。

そんなことまでする!?

プロテインの計量カップが1杯どれだけとれるかも計量&記録

ここまでされている方を私は他に知らないのですが、私はプロテインに付属されている計量カップが実際に1杯でどの程度とれているのかも計ってメモしています。

海外のプロテインを飲んでいると同じものなのに違う計量カップが入っていたり、大きさや形状によってすんなり1杯とれないものやプロテインシェイカーに入れづらいものがあるんですよね。

大した違いはないのですが、自分が納得できるやりやすい方法を選ぶのは大切かなと思います!

毎日使うものなので目盛りが見やすく、水拭きもできるようなものが良いと思っています。

また、0.1gまで計れるものだと調味料も細かく計量出来るのでオススメです。

私はこんなようなものを使っています。↓

バルクアップを楽にする便利グッズその2. プロテインシェイカー複数

これは面倒くさがりの私のような人間にとってはもってこいでした。

プロテインシェイカーは大きいタイプや小さいタイプなど色々ありますが、私は大きいものを複数持っています!

複数持っている理由は以下の通りです。

  • あらかじめ複数本分ドリンクの用意が出来る
  • ↑プロテイン以外のサプリを一緒に摂る場合に分量が違っても大丈夫
  • 使用済みシェイカーを開けてベトベトになったりしない
  • 洗い忘れてもスペアがあるという安心感

一番大きいのはやはりあらかじめ複数本分のドリンクを用意できるということでしょうか。

水を入れるだけで飲める状態にしておくととても楽です。

増量中だとカーボパウダーを一緒に摂ったり、ワークアウトドリンクにはアミノ酸など別のサプリを入れて飲むという方もいると思います。

そういった場合にボトルが複数本あるとあらかじめ用意できますし、使用済みシェイカーを開けた際にフチがベトベトになってしまうというアクシデントも起きません。

その日に飲む分をジップロックや付属のプロテインケースに入れているという方もいるかもしれませんが、複数本持っていた方が圧倒的に便利です。

実際のところプロテインを飲むのにフタを開けてプロテインを入れ、振って溶かす作業、そして洗う作業はとても面倒だと思いませんか?

飲み干したシェイカーが次の時間までに放置されていると洗うのが億劫でスキップしてしまうなんてことも起きかねません。

どうせ1日に飲む量は決まっているので、私は朝の一発目で1本フル+1本粉だけの状態で用意しておき1本を2回で飲み干すような感じで使っています。

シェイカーをまだ1本しかもっていないという方は、少なくとももう一本買ってみてください!

世界が変わります。

オススメはブレンダーボトルのシェイカー↓
容量(800ml)に、なんといっても洗いやすい半球形の底!
カラーバリエーションも豊富で使い分けも楽々できる便利グッズです!

バルクアップを楽にする便利グッズその3. 米びつ

米びつはプロテインシェイカーを複数持つのと同じくらい世界を変えてくれます。

プロテインはキロ単位で購入する方が安いのでまとめ買いした方がお得です。

ただ、プロテインは大きい袋やケースに入っていていちいち準備するのが面倒ではないですか?

米びつはそんなプロテインを入れておくのに使うのですが、あの煩わしいチャックやフタの開け閉めを一瞬で解決してくれる便利グッズです!

気をつけなければいけないこと

除湿・防虫対策はしっかりと!

プロテインの場合、1-2kg程度ならすぐに消費してしまうので回転は速いのですが、夏場などは置く場所によっては虫が湧く可能性もあります。

しっかりと密閉できるものを選ぶか、お米に使うような除湿剤や防虫剤を使用すると良いでしょう。

せっかくのプロテインも悪くさせてしまってはもったいないので使い切ることがモチベーションにもなりそうです!

バルクアップを楽にする便利グッズその4. タッパー

ここでトレーニー御用達の便利グッズ真打、タッパーの登場です!

大量に食事を用意して保存するためにも使えますし、日々のお皿としても使えます。

その他にもサプリの保管用に使ったりと便利なことこの上ないです。

私はタッパーにもこだわりがあって、使用用途や頻度に合わせて使い分けています。

基本的には段差が少なく洗いやすいものを選んでいて、レンジでチンしても大丈夫な素材や、フタの開け閉めがしやすいものなど色々試しました。

現在はパイレックス(Pyrex)のラウンドディッシュと無印のホーロー容器を使っています。

ガラス製にホーロー製と、タッパーとは言えないと思うかもしれませんが、油汚れの落ち易さや匂い残りのしにくさから長く使えるのはこのようなものだという結論に落ち着きました。

プラスチックのものに比べると圧倒的に重いですし、値も張りますがそれだけの価値はあると思っています。

バルクアップを楽にする便利グッズその5.ジップロック

お肉やご飯を冷凍するのにラップを使う方もいますが、私は断然ジップロック派です。

ラップだと継ぎ目が分かりづらくなってしまって解凍するときに手間なんですよね。

その点、ジップロックはほぼ完全に密閉できますし、お肉や野菜の下ごしらえにも重宝します。

長年ラップを使ってきた私は、初めてジップロックを使ったときに “なぜこんな便利なものを使ってこなかったのか…” と驚愕してしまいました!

家にストックしておいて損はない便利グッズNo.1はもしかしたらジップロックかもしれません。

水圧を利用してほぼ真空状態にできる方法を知らない方はぜひこちらをチェック!↓

バルクアップを楽にする便利グッズ番外編.Exel(エクセル:表計算ソフト)

バルクアップを楽にする便利グッズの番外編としたのは、言わずと知れたマイクロソフトの表計算ソフトです。

身長・体重の管理や、食事名・PFCの記録に役立ちます。

100g中のタンパク質・炭水化物・脂質量を記録しておけば、何gでどれくらいになるかすぐに計算することが出来ます。

スケールの項で説明したことは大体エクセルで管理しています。

パソコンを持っている方は使ったことがあると思いますし、わざわざ挙げるまでもなかったかと思って番外編とさせていただきました!

便利グッズを使ってバルクアップを快適で楽なものに!

いかがでしたでしょうか?

増量・バルクアップを成功させるためにはジムに行く以外のこと・トレーニング以外のことを整理するのも1つの手です。

どんなに効果があるサプリメントでも続けなければ意味がないと冒頭で言いましたが、まさにその通りです。

継続すれば徐々に徐々に結果は現れてくるものなので、そこまで頑張るためには色々なモチベーション維持方法を試してみるのもありだと思います!

特に今回紹介したような便利グッズはバルクアップに限らず減量・ダイエットや普段の生活でも役に立つものばかりです。

まだ試してないというものがありましたら、是非これを機にどうぞ!

それでは今回はこれで失礼します。

ありがとうございました!

スポンサーリンク